歯科用の機器

インビザラインとは歯列矯正装置の一つです。
歯並びが悪いことは審美面でも機能面でも大きなリスクを伴います。
その歯並びを治療する方法にはいくつかの方法があり、ワイヤーを使用したものとマウスピースを使用したものと大きく二つに分類できます。
インビザラインはマウスピース型矯正装置で1997年にアメリカで開発され、広く世界的に使用されるようになり500万人近くの人が治療を受けています。

ワイヤーを使用した従来の矯正方法と異なり、マウスピースを使用して歯列を整える矯正方法です。
マウスピース矯正にもいくつかの種類がありますが、インビザラインは最終の歯の位置を3Dシュミレーションで確認しながら調整できるのが大きな特徴でしょう。

マウスピースはオーダーメイド

治療には独自のテクノロジーを利用して取り外し可能な、一人一人に合わせてカスタムメイドのマウスピースを作成することになります。
目立ちにくい透明のプラスチック製のマウスピースを歯に装着することで徐々に理想の位置へと近づけていきます。

この治療は高度な知識と技術を要するもので、専門の講習を受けた認定医が当たっています。
顔の輪郭や歯の状態の情報を写真やデジタルスキャンで集め、理想の歯の位置にする治療計画を立てます。
その治療計画に基づいて、この装置を開発したアメリカの会社で3D治療計画を作成し、これにより最終の歯の位置を確認することができます。
またどの程度の治療期間が必要かという判断も可能になります。
そのマウスピースが主治医に承認されるとアライナーと呼ばれるマウスピースが作成されることになるのです。

アライナーの装着について

作成されたアライナーがクリニックに送られて、患者さんの手元に届くことになります。
そのアライナーを一日に20時間以上毎日装着する必要があり、22時間以上の装着が基本です。
装着時間を短くすると効果がでない場合もあります。
基本は2週間ごとにアライナーを取り換えて6から8週間ごとにクリニックを受診して効果を観察する必要があります。
アライナーは0.15から0.2ミリ単位の歯の動きに適応できるように作成されており、治療期間はその状態により半年から数年単位となります。

マウスピース矯正のメリットは取り外しが可能で、インビザラインを外して歯磨きも可能なことでしょう。
口腔内の清潔を保つことが可能なことで矯正治療中の虫歯や歯周病のリスクを減らすことができます。

治療が終わり、装置をはずした後は骨がなじむまでの間は歯が不安定であり、保定装置を使用することが一般的です。
リテーナーと呼ばれる保定装置を1から3年一日中装着し、その後は夜のみの装着という期間を経て取り外すことができます。

クリアアライナーとは違う

インビザラインと同じくマウスピース矯正の一つにクリアアライナーというものがあります。
これは韓国の矯正専門医が開発した方法で、基本的な理論はインビザラインと同じです。
大きく異なるのは外から見える前歯を対象とした矯正装置だという事です。
前歯でも極端な八重歯等、大きく歯を動かす場合には使用しません。
もう一点、使用する材質がインビザラインよりはさらに薄くなっています。
またアライナーを作成する際、その都度型どりを行うのでより正確なものを作成することができます。
またアライナーは歯茎までかかってくるので多少の違和感はあるようです。
インビザラインはアメリカで作成されるのに対してクリアアライナーは東京で作成されます。
また矯正治療中であっても虫歯治療等も可能となります。
治療期間も短く費用も安くなってきます。
アライナーの作成回数は状態によっても大きく異なることになるのですが15回程度とも言われています。

共通点

素材が薄く透明なプラスチックであり、外から見て目立たないオーダーメイドのアライナーを使用するという点は双方の共通点です。
審美面ですぐれているこれらの方法はアナウンサーや俳優、審美面が気になって矯正治療に抵抗のあった人等にも人気がある歯列矯正の方法です。

インビザラインのメリットやデメリットについて

インビザラインは多くの人が利用している治療法でもあり、実績のある分だけデーターもたくさんあります。
それらを基にして治療法もより効果のある、より患者に負担をかけない治療法が進化してきています。
従来のワイヤーを使用した治療は外から見てもはっきりと矯正装置が見え、審美面でも違和感がありました。
矯正装置を装着したり交換するにも痛みが伴うことも多く、我慢を強いられた矯正方法でもありました。
目立たないマウスピース型のオーダーメイドの治療法は画期的なものとなりましたが、やはり大きく歯を動かす場合や重度の顎関節症などの場合はワイヤー型のものが効果的です。

またマウスピース型の矯正装置は取り外しができて口の中を清潔に保ったり、外して食事ができたりというメリットがある反面、インビザラインもクリアアライナーも一日の内で長い時間の装着が必要になってきます。
外してうっかり忘れて装着時間が短くなると効果が出にくいので、治療期間が長期に及ぶというデメリットもあり、治療を受けている人にその効果の面での責任が大きくかかってくる治療でもあります。

いずれにしろ治療費もかなり高額なものとなり、治療を受ける際にはクリニック選びも重要になってきます。
十分な情報を集めて説明を聞き、納得してから治療を受けるようにしましょう。

関連記事

  • 接客業として働く女性
    2017.07.18

    裏側(舌側)矯正って何?

    裏側(舌側)矯正って何? 歯並びをきれいにするための治療を行うのが、矯正歯科です。 日本人は顎が小さいために、歯並びがガタガタになってしまう傾向があります。...

    続きを読む

  • 白い歯を見せる女性
    2017.07.27

    歯のホワイトニングって何?

    歯のホワイトニングって何? ニコッと笑ったときに口元からのぞく白い歯は誰でも憧れです。 そんな憧れの白い歯を手に入れたい人にとって、とても嬉しいのがホワイト...

    続きを読む

  • NoImage
    2017.08.11

    インプラント治療って何?

    インプラント治療って何? インプラント治療は、怪我や歯周病の悪化などが原因で歯を失ってしまった人に対して、顎の骨にチタン製やチタン合金製などのインプラント体を...

    続きを読む