歯科用の機器
2018年05月09日更新

入れ歯ではないブリッジって何?

歯が抜けた場合は歯科医院に通い入れ歯にするかブリッジにするかで悩む人も多いですが、それぞれに特徴があるので特徴をしっかり確認して選ぶといいでしょう。
ブリッジは抜けた歯の両側の歯を削る必要があります。
両側の歯が健康の歯でも削る必要があるので、両側の歯に負担がかかり寿命も短くなってしまいます。
入れ歯の場合は両側の歯を削る必要はなく、人工歯を抜けた歯に入れるだけです。

ブリッジの仕組みは両側の歯を削りその両側の歯の根を土台にして、被せ物の橋渡しをする方法です。
歯の根の土台がしっかりしている必要があるので、根の治療もしっかりおこなうことが大事です。
メンテナンスさえ定期的におこなえば寿命も長くなるので、定期的にメンテナンスをおこなうことが大事です。

ブリッジも入れ歯も保険適用なので費用の負担は少なくてすみますが、使用する材質によっては保険適用外のこともあるので、良く医師に確認してから材質を選ぶことが大事です。
ブリッジの場合は歯冠部分の人工歯をセラミックなどの天然歯に近い素材にすると、保険適用外で費用は高くなります。
セラミックは見た目が美しいだけでなく変色したり虫歯や口臭になる心配が要らないので、メンテナンスさえしっかりおこなえば寿命も長くなります。
保険適用外でもトータルすると費用もお得といえるでしょう。

入れ歯やブリッジにすると噛む力が気になるという人もいますが、ブリッジは一本の歯が抜けた場合は三本の歯で受けることになるので、噛む力は入れ歯に比べると強いです。
なので少しでも食事を美味しく食べたいならば、入れ歯よりもブリッジにした方がいいでしょう。

ブリッジは抜けた歯の両側の歯を削り、橋渡しをする形にして固定しますが取れないようにしっかりセメントで接着します。
なのでブリッジの部分と歯の隙間に汚れがどうしても溜まりやすくなります。
しっかり歯磨きしても汚れが取りにくいので、そこから虫歯や歯周病になる可能性があります。
その点部分入れ歯なら取り外しができるので、汚れも取りやすく歯周病になりにくいです。

誰でもブリッジにできるわけではなく、抜けている歯が多い場合は適用できません。
両側に歯が残っている場合などに適応できますが、たとえ両側に歯が残っていても、両側の歯にかかる負担が大きい場合は適応できないので注意が必要です。
その点入れ歯の場合は歯の欠損状態に関係なく入れ歯にできます。

ブリッジが適応できるのは、両側に歯が残っている場合のみなので、片側だけしか歯がない場合は適応できません。
その場合は入れ歯にするといいでしょう。
一番奥の歯も片側だけの支えとなるので適応できませんが、入れ歯ならば手前の歯にバネをかければいいので入れ歯にできます。

関連記事

  • 接客業として働く女性
    2017.07.18

    裏側(舌側)矯正って何?

    裏側(舌側)矯正って何? 歯並びをきれいにするための治療を行うのが、矯正歯科です。 日本人は顎が小さいために、歯並びがガタガタになってしまう傾向があります。...

    続きを読む

  • 白い歯を見せる女性
    2017.07.27

    歯のホワイトニングって何?

    歯のホワイトニングって何? ニコッと笑ったときに口元からのぞく白い歯は誰でも憧れです。 そんな憧れの白い歯を手に入れたい人にとって、とても嬉しいのがホワイト...

    続きを読む

  • NoImage
    2017.08.11

    インプラント治療って何?

    インプラント治療って何? インプラント治療は、怪我や歯周病の悪化などが原因で歯を失ってしまった人に対して、顎の骨にチタン製やチタン合金製などのインプラント体を...

    続きを読む