歯科用の機器
2017年12月06日更新

歯周病って何?

歯周病に悩ませる女性歯などの口腔内の病気として、真っ先に頭に思い浮かぶのが虫歯ですが、この虫歯よりも恐ろしい病気が実は存在します。
それが歯周病です。
歯周病は、歯槽膿漏とも呼ばれますが、歯周病菌と呼ばれる細菌が口腔内で繁殖することによって発生する炎症性の疾患の1つです。
歯周病が怖いのは、細菌が口腔内にとどまらず、歯の奥からさらに体全身にまで広がる可能性があることです。
細菌が体に広がることにより、さまざまな臓器に機能不全を引き起こします。

歯周病の原因は歯に付着した歯垢。
不十分な歯のブラッシングで汚れがたまり、歯と歯茎の間に歯垢が蓄積されていくと、その歯垢を目指して細菌が集まっていきます。
初期段階では、この細菌によって歯肉炎が発生します。
ただし、この歯肉炎が発生している段階では、歯茎が赤くはなっているものの痛みなどはなく、ブラッシングで出血するようなこともありません。

歯肉炎が発生している状態でそのまま放置していると、細菌によって歯と歯肉との間の歯周ポケットと呼ばれる隙間が大きくなっていきます。
この歯周ポケットからどんどん歯の奥まで細菌が入り込んでいくと、歯をしっかり支えられなくなって歯がぐらぐらします。
また、軽くブラッシングをしただけでも出血する場合もあります。
さらに進行していくと、歯の土台まで細菌で溶かされてしまい、最終的には抜歯せざるを得なくなります。

歯周病は、代表的な症状があるかどうかで比較的簡単にチェックできます。
初期では、歯茎に歯肉炎が発生しているかどうかで判断できます。
歯肉炎があると歯茎が赤く腫れ上がるためすぐにわかります。
歯茎が少しかゆい感じになることもあります。
歯周病を引き起こす細菌は大変粘着性が高いため、歯周病になると口の中がネバネバするようになり、口臭がきつくなる傾向にあります。
さらに、歯茎の痛みや出血のような症状が出ていると要注意。
歯周病がかなり進行している状態と言えるでしょう。

歯周病を予防するには、まずは歯に歯垢を付着させないこと。
そのためには、正しいブラッシングが重要。
歯と歯茎との間にしっかりと歯ブラシを当て、汚れがたまらないようにきれいに清掃することが大事です。
定期的に歯医者さんを受診して、自宅のブラッシングでは汚れを落としにくい場所のクリーニングをしてもらうことも1つの方法です。
また、不幸にも歯周病になっていると診断されたら、早急な治療が必要です。
まずは、歯に付着した歯石を削り取り、その周囲に付着した細菌をきれいに落として歯茎を清潔な状態にした上で、傷んだ歯や歯肉の再建治療を行います。