歯科用の機器
2017年07月18日更新

裏側(舌側)矯正って何?

歯並びをきれいにするための治療を行うのが、矯正歯科です。
日本人は顎が小さいために、歯並びがガタガタになってしまう傾向があります。
矯正をしたいと思っている人は多いのですが、歯の表面に付けるワイヤー装置のことを考えると、目立ってしまうので治療に踏み切ることができないと考えるようになります。

矯正はしたいけれども、装置が目立つのは嫌だという人におすすめなのが、裏側矯正です。
裏側矯正とは、矯正歯科で使う装置を、歯の表側ではなくて裏側に付ける治療です。
人から見える範囲に装置がないので、目立つことなく矯正をすることができます。
裏側矯正は、舌のある方に装置を付けるために、舌側矯正とも呼ばれます。

接客業として働く女性舌側矯正のメリットは、ワイヤー装置が目立たないということがあげられます。
人前に立つ職業や接客業など、装置が目立ってしまうことに抵抗を感じる人は少なくありません。
今まで、職業柄歯列矯正ができなかったけれども、裏側矯正であれば治療ができるという患者さんも多いです。
また、表側に装置が付いていると、外食に行った際に、装置に食べ物が挟まってしまうという問題がありますが、裏側についていればそのような心配もありません。

そして、裏側矯正は、装置を表側につけるよりも矯正期間中に虫歯になりにくいというメリットがあります。
歯の表面にはエナメル質という固い部分があるのですが、エナメル質は表側よりも裏側の方が厚くなっているので虫歯になりにくいという特徴があります。
装置がついていると、普段と比べると歯磨きが難しくなりますが、舌側は常に唾液が流れているので、汚れを洗い流す力が強く、さらに虫歯になりにくくなり、効果的に歯列矯正を進めることができます。

けれども、裏側矯正にはデメリットもあります。
舌側に装置を付けるというのは、高度な技術が要求されます。
そのため、表側に装置を付けるよりも費用が高くなる傾向にあります。
また、舌が装置に当たってしまうので、違和感や痛みを感じてしまうということもあります。
慣れるまでは、食事や発音がいつも通りにできないという患者さんもいます。
これらの違和感は、装置が付いてから1週間から1カ月ほどで慣れるということがほとんどですが、時間がかかるという人も多いです。

裏側矯正を始める前には、メリットだけでなくデメリットも知ることが大切です。
メリットばかり考えてしまうと、治療が始まってから、こんなはずではなかったと後悔することになってしまいます。

関連記事

  • 白い歯を見せる女性
    2017.07.27

    歯のホワイトニングって何?

    歯のホワイトニングって何? ニコッと笑ったときに口元からのぞく白い歯は誰でも憧れです。 そんな憧れの白い歯を手に入れたい人にとって、とても嬉しいのがホワイト...

    続きを読む

  • NoImage
    2017.08.11

    インプラント治療って何?

    インプラント治療って何? インプラント治療は、怪我や歯周病の悪化などが原因で歯を失ってしまった人に対して、顎の骨にチタン製やチタン合金製などのインプラント体を...

    続きを読む

  • オールオン4について説明する男性
    2017.09.12

    オールオン4って何?

    オールオン4って何? オールオン4とはインプラント治療の1つですが、総入れ歯のような全ての歯を失っている人に適しています。 大きな特徴としてはインプラントの...

    続きを読む